2011年12月28日

来シーズンの営業について


本年度は、度重なる水害によって、大台ヶ原をお楽しみいただくみなさまに大変ご迷惑、ご不便をおかけしました。

来シーズンは、徐々に、交通事情も回復していく見込みでございます。



さて、

心湯治館 大台ヶ原の来シーズンの営業開始は
「平成24年4月26日(木)」を予定しております。


冬季休業中は、来シーズンの宿泊のご予約及びお問い合わせにつきまして、
橿原事務所でおこなっております。


橿原事務所の連絡先は、次の通りです。

(0744)24-4351    (0744)25-3340


来シーズンこそ、ここ大台ヶ原の大自然のもと、
みなさまとお会いできますことを楽しみにしております!
posted by 心・湯治館 大台ケ原 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月11日

大台ヶ原周辺の道路事情について


大台ヶ原ドライブウエイの上り口は、7月の台風6号の影響で通行止めとなったままですが、

約3km先に、中型バスまでが通行可能な迂回路があります。

(くわしくは、ホームページをご参照ください)




9月の台風12号の影響により、国道169号線は川上村迫付近で通行止めとなっていますが、
すぐ近くに迂回路があり、大型バス(20t以下の車輌)まで通行可能です。



同じく、台風12号の影響により、通行止めが続いていた国道309号線(上北山村天ケ瀬から天川村へ通じる箇所)ですが、
上北山村天ケ瀬から行者還トンネル間は中型バスまで通行可能となりました。

<行者還トンネルから天川村方面へ通り抜けることはできませんので、ご注意ください!>



☆近鉄大和上市駅発大台ヶ原行きの路線バスも、始発時刻に変更なく運行されています。




本年度は、大きな台風の被害を受けた紀伊半島ですが、

奈良県南東部は比較的被害が少なく、

大台ヶ原、および大峰山(弥山、八経ヶ岳)の登山をお楽しみいただける状態ですので、

うつくしい紅葉に山が映えるこの季節、ぜひ、錦の山々満喫しにおこしください!
posted by 心・湯治館 大台ケ原 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

大台ヶ原の紅葉


7月、9月と大きな台風によって大変な被害を受けた紀伊半島ですが、

それでも確実に季節は進み、大台ヶ原にも紅葉の季節がやってきました。


P1020178.JPG



紅葉のさまは、年々すこしずつ異なります。


心地よい晴天にめぐまれたこの三連休、

正木峠から正木ヶ原へと続く道を歩くと、紅に色づいたシロヤシオなどを楽しむことができました。



P1020192.JPG

P1020194.JPG

P1020195.JPG

P1020198.JPG

P1020203.JPG

P1020204.JPG

P1020186.JPG

P1020183.JPG



山頂付近での紅葉は、今週来週がピークかと。。。


そして、これから、2〜3週間かけて、

赤、黄とりどりの錦のじゅうたんは、ドライブウエイの下のほうまで、広がっていきます。



posted by 心・湯治館 大台ケ原 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月01日

奈良交通バス(上市〜大台ヶ原)について


奈良交通の路線バス(上市〜大台ヶ原)の運行再開ですが、おそらく2、3日のうちにはということです。


今週の週末には、運行再開されていると思われますが、おでかけの際には念のため、

奈良交通吉野営業所(0747524101)まで、ご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。


なお、バスの発車時刻には変更ありませんが、到着時刻については2〜3分おくれるかもしれないとのことです。


(8月1日現在。奈良交通吉野営業所に確認いたしました。)
posted by 心・湯治館 大台ケ原 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月30日

お待たせしました!


7月29日19時より、大台ヶ原ドライブウェイの迂回路が変更になりました!


(旧)辻堂山線 → (新)和佐又伯母峯線


新しい迂回路は、先週の23日と25日に仮の迂回路だった道です。

大台ヶ原駐車場までの所要時間は、従来の道とほとんど変わりません。

通行規制はなく、24時間通行可能です!




奈良、橿原方面からおこしの場合、従来のドライブウェイ入口を通りすぎて、3kmほどいった地点が迂回路入口です。

左折進入禁止となっていますので、さらに1.5km先にて転向後、右折進入してください。




熊野方面からおこしの場合は、新伯母峯トンネルまでいかずに、こちらの迂回路に右折してください。

迂回路入口には、大台ヶ原への迂回路との表示があります。


☆☆☆

奈良交通の路線バス(上市〜大台ヶ原)も、週明け8月1日に迂回路にて試運転をおこない、間もなく運行開始するとのことです。

☆☆☆
posted by 心・湯治館 大台ケ原 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月25日

大台ヶ原ドライブウェイ迂回路のお知らせ


大台ヶ原ドライブウェイの迂回路が、本日25日から当分の間(2週間程度)、辻堂山線に変更になります。


辻堂山線は、169号線上北山村河合の三叉路を、小橡(ことち)方面へ曲がってすすむ、小処温泉の近くを通る道です。

(ヒルクライムのコースとなっている道)


ただし、辻堂山線も、崩土などの箇所があるため、工事が進められており、また、道幅が狭いため、一方通行の時間規制が行われます。



<上りゲート通行時間>

@6:00〜6:20
A8:10〜8:30
B10:20〜10:40
C12:30〜12:50
D14:40〜15:00
E16:50〜17:10


<下りゲート通行時間>

@7:05〜7:25
A9:15〜9:35
B11:25〜11:45
C13:35〜13:55
D15:45〜16:05
E17:55〜18:15


☆19:00〜翌6時の間は通行できません!


迂回路の地図は、のちほどホームページでご案内いたします。
posted by 心・湯治館 大台ケ原 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月22日

大台ケ原ドライブウェイ通行止めに伴う迂回路のお知らせ


台風6号によりがけ崩れが発生し、

7月22日現在、大台ケ原ドライブウェイの一部区間が通行止めとなっております。



奈良方面からお越しの場合、

大台ケ原ドライブウェイ入り口を右手にみながらそのまま走行して伯母峰トンネルを通過し、

169号線を3.0km(約5分)ほど南下した地点で左折していただくと、迂回路入り口があります。



なお、迂回路は、道幅が狭く、大型バスの通行はできません。

  
 
迂回路について詳しくは、

大台ケ原 心・湯治館(07468-2-0120)、または、

上北山村役場(07468-2-0001)まで、お問い合わせください。
posted by 心・湯治館 大台ケ原 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月16日

避暑地の夏。

110710_082928_ed.jpg

第十回目となった自転車競技ヒルクライムが終了し、いよいよ山の夏本番がやってきました。

最高気温がせいぜい25℃までの、さわやかな避暑地の夏です。


みなさまも、どうぞ、

クーラーも扇風機もいらない、快適ない避暑地の夏を、体験しにいらしてくださいね!
posted by 心・湯治館 大台ケ原 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月16日

大台ケ原の自然観察会


oodai.jpg


今年も、大台ケ原では、自然観察会というイベントが開催されます。


 ☆大台ケ原自然観察ハイキング 6/12(日) 7/17(日) 10/16(日)

 ☆夏の森でエコハイキング 7/23(土) 7/24(日) 8/6(土) 8/13(土)

 ☆苔の森でミニエコツアー 6/25(土) 9/3(土) 9/17(土) 10/1(土)


時間など詳細は、環境省のページにアップされています。


ぜひ、この機会を利用して、大台ケ原をお楽しみくださいね。
posted by 心・湯治館 大台ケ原 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月10日

さまざまな緑を楽しむ


森.JPG



梅雨真っ最中の6月ですが、



晴れていれば、

暑すぎず、寒すぎず、風が冷たすぎることもなく、


じつは、

森を散歩するには、とてもいい季節なのです。




夏至に向けて、日はどんどんと長くなり、

いろんな色調の緑が、あおあおと、そこいらにきらめいています。



森は、

さまざまな緑の博物館のような雰囲気に彩られています。



この時期の森を歩いていると、

日本人が、色にさまざまな名前をつけて自然を愛でてきたことが、

しみじみと実感できるような気がします。




ぜひ、梅雨の合間をみて、

森の緑を楽しみにいらしてくださいね。



もちろん、小雨の日でも、

潤った苔が、そこここでうつくしく輝いていますよ。




posted by 心・湯治館 大台ケ原 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記